司法試験予備試験の勉強法~独学が”絶対に損する”理由とは?

司法試験予備試験の勉強方法~独学が”絶対に損する”理由とは?

 

まず最初に受験生の皆さんにお伝えしたのは司法試験予備試験において

 

独学で勉強するのは基本的に損する

 

という事実です。そのことを頭に入れて理由を聞いて頂ければと思います。

 

知って欲しい事実「圧倒的な難易度」

 

予備試験の最終合格率は2018年度は3.8%でした。

 

大学別では、日本一入学難易度が高い東京大学出身者の合格率は8.1%です。

 

受験生は東京大学の中でも選りすぐりのエリートが10名受験して合格できるのは1名以下なのです。

 

しかも、予備試験受験生はガチ勢率が高いとされていて、大半は予備校を利用されています。受験生の質が非常に高い中での数値なのです。

 

東京大学に予備校・塾を一切利用しないで、独学だけで合格したよ!

 

という超天才であれば別ですが、秀才レベルの方がオリジナルの学習方法で合格を目指すのは無謀と言えるでしょう。

 

損する理由一覧

 

①時間的な損失

 

予備校を利用して合格された方の学習時間は平均で5,000時間程度です。

 

独学者の場合ですと2倍程度掛かると言われていますので、10,000時間を目安にすると丁度良いと思います。

 

仮に1.5倍の時間で合格できたとしましょう。その場合、学習時間は7,500時間です。

 

予備校を利用された方より余分に2,500時間費やす必要がありますね。

 

独学を選ぶ人の多くはお金が無い、節約したいという理由です。

 

ただ、この理由に関しては筆者は否定的です。

 

予備校の費用相場は100万程度です。実はあなたの時給を考えると大半の場合は損しているのです。

 

時給1,000円で2,500時間働ければ250万円稼ぐことができます。

 

受験生のレベルを考えると家庭教師などをすれば平均で時給3,000円~4,000円程度は稼げるでしょう。

 

それを考えると1,000万円近い損失が生まれる可能性があるのです

 

②情報的な損失

 

司法試験予備試験は弁護士、検察官、裁判官になる登竜門です。

 

当然、法律知識が試験では求められます。ただ、これが厄介なのが毎年法改正が実施されるという点です。

 

予備校の在籍していれば、最新情報を常に把握することができますが、独学で勉強されている方ですと見逃してしまうケースが多いのが特徴的になります。

 

結果的に情報格差が生まれてしまうリスクがあります

 

③永遠と不合格になるリスク

 

過去に独学で合格した成功事例もありますが、その数を圧倒的に上回るのが”結局合格できなくて諦めた事例”です。

 

何年も勉強に生活の全てを注いだのに最終的に合格切符を掴むことができなかった人は大勢います。

 

また、人によって集中できる期間が決まっていると言われています。

 

勉強をスタートして1年~2年半くらいまで集中できる人が多く、それを過ぎると勉強効率が下がるという意見もあります。

 

それを考えると、集中しやすい1年目を非効率な独学で過ごすのは損です

 

予備校を利用するのは”1年目”がおすすめです。

 

1回は無料説明会に参加するべき

 

予備試験最終合格者の6人に1人以上は「資格スクエア」です。

 

「独学プラン」という画期的なプランもありますので、興味がある方は参加してみてください。

 

資格スクエア

最終合格者の約6人に1人が利用
※2018年予備試験合格者数433人。資格スクエア受講生70人以上が合格されています。

 

無料講義・無料説明会実施中

 

総合データ分析

 

 

特長・魅力

 

  1. 論文1位合格者を輩出
  2. カリスマ講師による徹底指導!
  3. 講座満足度93%
  4. 60段階のレベル別学習
  5. 充実したフォロー体制

 

主な予備試験コース

 

  • 逆算プラン
  • 独学プラン
  • 個別指導講座
  • 自己添削ゼミ

 

主な法科大学院入試コース

 

  • 法科大学院答練(東京大学)
  • 法科大学院答練(京都大学)

 

主な司法試験コース

 

  • 司法試験 秒速・完全パック
  • 司法試験 秒速・攻略パック
  • 秒速・総まくり
  • 秒速・過去問コンプリート

 

料金相場

 

498,000円(税抜)~
※初学者向けコースの一般価格の相場を掲載しています。最新価格及びキャンペーン割引情報は公式サイトで確認してください。

 

評判・口コミ

 

 

インプットが高速にできるのと、充実したアウトプット量が確保できそうだなという理由から資格スクエアを選びました。
また、価格帯的にも他の予備校に比べてかなり安かったことや、テキストの海外発送等も柔軟に対応頂けたので、資格スクエアに決めました。


 

 

吉野先生の講義は独特の語り口が受講生を飽きさせないです。「早く次が聴きたい」と思わせられる講義で、一人で学習を進めていくなかでもモチベーションの維持にとても役立ちました。
論文講座は、答案例が等身大のものになっており、学習を進めやすかったですね。こんなに書かないといけないんだ!という現実離れした答案ばかり目にしていると、方向性もぶれてしまうおそれがありますので。


 

 

添削は受けて本当によかったです。筋違いの答案を書いていたり、流れが書くべき構成になっていない場合も多くあり、添削指導で気づくことができました。資格スクエアの添削は動画での添削でしたが、一人で学習を進めていた私にとってこの動画添削(WEB答練)がとても有効でした。


 

 

あまりに安いので、「本当に大丈夫?」と思うこともありましたが、イベントで講師の吉野先生の話を聞いたところ、とてもわかりやすかったので安心して受講を決断しました。吉野先生の講義はテンポも早く、短期で予備試験に合格したい私にはぴったりの講義だと思いました。


 

 

家事・育児と両立させながら予備試験に無事合格。
短答・論文・口述式試験までサポートが充実しており、安心して試験に臨むことができました。またテキストもわかりやすく、しっかりと勉強を進めることができました。本当に人それぞれだと思うのですが、しっかりと目標を持ち、自分で学習を進められるのであれば資格スクエアは100点満点だと思います。


 

今だけ、お得なキャンペーン割引情報

 

無料講義・無料説明会実施中

 

アガルートアカデミー

 

 

今だけ、お得なキャンペーン割引情報

 

スタディング

10万円以下のコース有

 

今だけ、お得なキャンペーン割引情報

 

総合データ分析

 

 

※合格実績・合格率が不明の場合は「3評価」にしています。

 

特長・魅力

 

  1. 業界最安値!圧倒的なコスパ
  2. スマホ・タブレット・PC学習OK
  3. 講座満足度93%
  4. 論文式対策も充実
  5. 効率化に最適!学習ツール充実

 

主なコース

 

  • 予備試験合格コース
  • 司法試験合格コース

 

料金相場

 

82,500円(税別)~
※初学者向けコースの一般価格の相場を掲載しています。最新価格及びキャンペーン割引情報は公式サイトで確認してください。

 

評判・口コミ

 

 

通勤が電車で片道1時間程度であったので、その区間を利用して小村講師のインプット講義を視聴しました。
このインプット講義はスライドをふんだんに使用したもので頭に残りやすく、また小村講師の語り口調も平易でわかりやすく説明してくれるため、目からも耳からもインプットができます。


 

 

どこまでの法律知識を教えるのか、そしてそれをどのような形で受験生に理解してもらうのかについて、徹底的に考え抜いて講座設計がされていると思います。


 

 

講料が圧倒的に安いことに驚きましたが、無料体験受講の講義を視聴したところ、とにかく分かりやすかったので、思い切って申し込みました。
スタディングの基本講座は、動画講義の画像とテキスト部分が一体となったような作りで、スマホだけでも受講できます。


 

公式サイト

 

今だけ、お得なキャンペーン割引情報

 

 

 

このページの関連キーワード

 

一般教養/刑事訴訟法/刑法/多肢選択式/憲法/記述式/民法/商法/会社法/行政法/民事訴訟法/政治/経済/社会/個人情報保護/情報通信/文章理解/大学生/大卒/入門書/本/テキスト/教材/過去問/参考書/問題集/教科書/基本書/直前対策/短期集中/説明会/無料セミナー/個別相談会/単科講座/模試/模擬試験/音声/ダウンロード/web動画講義/dvd/オンライン講座/インターネット講座/アプリ/iPhone/android/一問一答/演習講座/不合格/いつから/価格/値段/金額/いくら/お金/授業料/安い/格安/激安/低料金/費用/学費/授業料/人気/ランキング/口コミ/評判/評価/比較/最初/何から/基礎/短答式試験/論文式試験/択一式試験/ダブルスクール/社会人/働きながら/仕事しながら/スキマ時間/通勤中/電車/通信講座/通信教育/予備校/塾/通学/専門学校/スクール