安い費用の法科大学院予備校比較

安い費用の法科大学院予備校・専門学校比較

司法試験受験資格ルートの一つ、ロースクール試験突破を目指す方は必見となっていますよ!ここでは志望校、難関校試験合格ノウハウのある法科大学院予備校をピックアップ!安い、低価格の受講料が気になる方は、それぞれのスタンダードコース、講座を紹介していますので、学校比較としてご覧下さいね!

 

そして安い費用だけでなく講師やカリキュラム、教材、サポート体制など考慮したうえで、学校を選ぶことが大切です。そこでイベントや受講相談、体験などに参加することで、各々の受講メリットが見えてきますので、積極的に足を運んでみるのもよろしいかと思われます。

 

※こちらで掲載している情報、詳細は、今後変更、終了になることも考えられますので、公式サイト、パンフレット等で確認して下さいね!

 

 

4A基礎講座パック(全125回/約350時間)

 

  • 受講料:教室・個別DVD講座¥421,000 / Web通信講座¥421,000 / DVD通信講座¥472,000 / 教室+DVD通信講座¥527,000
  • 基礎力養成(4A基礎講座):4A入門講義、4A論文解法パターン講義全67回、4A条解講義全35回
  • 実践力養成:4A実践答練全23回

 

4A基礎講座を選択した最も大きな理由は、他の司法試験系の予備校では100 万円近くかかってしまう所もある中で、わずか40万円弱で合格に必要な知識を手に入れることができる「4A基礎講座」が、学生である私にとってとても魅力的であったからです

中村先生の「4A論文解法パターン講義」と「4A条解講義」を通して4Aの解法をマスターすることで、基礎力のみならず論文を書く為に必要な情報処理能力を身に付けていくことができました。

講義は一方的に知識等を受講者に伝える他校のような講義ではなく、受講者の立場に立って、受講生の思考力(暗記力でなく)を高めようとしてくれます。

 

入門から答練までパックされており、1年間で予備試験・司法試験・法科大学院入試合格レベルの実力を身につけることができる、TACのスタンダードコースとなります。Wセミナーは司法試験、予備試験合格を見据えたカリキュラムで、法科大学入試対策として活用でき、他校と比較すると安い費用で受講することができます。

 

 

入門講座(予備試験・法科大学院共通)

 

受講料:通学Web498,000円 / 通学DVD558,000円 / 通信Web398,000円 / 通信DVD518,000円円

 

入門講座では法律を学ぶ際に一番必要なリーガルマインドを習得、7 科目の基本的事項を学習していきます。そして予備試験・法科大学院入試の法律科目で出題される知識の90%を習得、学習した内容については100%理解することができます!

 

法科大学院入学目標コース

 

既修者入試パック全35回
受講料:通信Web144,720円 / 通信DVD162,540円
矢島のスピードチェック講座、ロースクール直前答練、個別大学院対策講座、改正民法対策講座 ※「ロースクール直前答練」は解説講義はありません。

 

既修者入試コンパクトパック全28回
受講料:通信Web99,900円 / 通信DVD113,400円
ロースクール直前答練、個別大学院対策講座、改正民法対策講座

 

未修者入試パック全24回
受講料:通信Web 111,240円 / 通信DVD 140,400円
小論文ベーシック講座、小論文ベーシック答練、面接・PS対策講座、PS答練[添削講座]

 

法律知識がゼロの方は、まず入門講座の受講が基本となります。そのうえで、法科大学院入学目標コースの既修者入試パック、既修者入試コンパクトパック、未修者入試パックなど学習状況や目的に応じて受講することができます。そのためLECの法科大学院入試対策は、初めて学習する方においては、約50万~70万円ほどかかると想定しておく必要があります。

 

また「難関法科大学院コース」は確実に司法試験受験資格を取得したい方、予備試験は難しいと考えている受験生におススメで、難関法科大学院既修者コース洗顔のコンパクトな特別コースとなっています。大学2年生から始めれば飛び級も可能で、受講料は受講形態により幅がありますが、約65万~80万円ほどかかります。

 

 

司法試験 入門講座 法科大学院1年合格コース

 

本科生受講料:733,200 ~ 769,900 円

 

法律初学者にも十分配慮した伊藤塾カリキュラムによる効率的学習で、まずは法科大学院既修者コース合格を目指すプラン。

 

司法試験(予備試験・難関法科大学院共通)コース

 

本科生受講料:1,083,400 ~ 1,137,600 円

 

基礎から応用力を着実に養成!司法試験合格までを視野に、難関法科大学院・大学早期卒業・予備試験合格を目指すプラン。早期学習開始で学部成績アップはもちろん飛び級・特待生(学費免除)合格による法科大学院進学も可能です。

 

伊藤塾の法科大学院入試対策は、他の予備校と比較すると高めではありますが、法律知識ゼロから司法試験に必要な力を短期間で身につけることができます。そして予備試験合格および難関法科大学院特待生合格を狙えるカリキュラムとなっています。

 

上記のほかに基礎講座・法科大学院別対策など、多岐に渡るカリキュラムを提供。法科大学院入試のみならず、その先にある司法試験までを見据えた学習ができることが特長です。


安い費用の法科大学院予備校比較記事一覧

法科大学院入試合格を目指すため、専門予備校で試験対策を検討している受験生のなかには、いつから入学、入会するべきか迷われている方もいるのではないでしょうか。また確実に合格するための学習開始時期も気になるところでもあります。ここではロースクール志望校合格を見据えた勉強法や学習スタートの時期など口コミ&評判に注目!検証しまとめていますので今後の試験対策の参考としてご覧下さいね!※こちらで掲載している情報...

ロースクール入試における法律科目は、大学院ごとに科目・時間・出題形式などが異なります。そのため、事前に志望大学院の過去問を分析し、出題傾向を把握しておくことが合格するために必須となります。ここでは早稲田大学法科大学院入試に特化している受験予備校を紹介!特徴をまとめていますので、試験対策の参考比較としてご覧下さいね!※こちらで掲載している情報、詳細は、今後変更、終了になることも考えられますので、公式...

ここでは慶應義塾大学法科大学院入試に向けた対策講座を開講している専門予備校を紹介!司法試験受験資格のルートとして難関ロースクール受験を検討している方は参考比較としてご覧下さいね!入試における法律科目は、大学院ごとに科目・時間・出題形式などが異なりますので、確実に試験突破するためにも志望校入試対策は必須となります。※こちらで掲載している情報、詳細は、今後変更、終了になることも考えられますので、公式サ...

ここでは東京大学法科大学院入試対策に特化している学校をピックアップ!志望校としている受験生は必見となっていますよ!ロースクール入試の法律科目は、大学院ごとに科目・出題形式が異なりますので、合格するためには受験する学校別の試験対策が必須となります。そこで法科大学院入試に強みがあり、難関ロースクール合格者を輩出している資格予備校に注目!口コミ&評判、体験談を交え紹介していますので、学校選びの比較として...

ここでは司法試験受験資格を得るためのルートの一つ、ロースクール合格に向け、一橋大学法科大学院に特化している予備校、通信講座に注目!口コミ&評判、体験談を交え特徴を紹介していますので、学校選びの比較として参考にしてみてはいかがでしょうか。※こちらで掲載している情報、詳細は、今後変更、終了になることも考えられますので、公式サイト、パンフレット等で確認して下さいね!一橋大学法科大学院の入試傾向と対策基本...

面接試験は、受験生が法科大学院進学にふさわしい人物かどうかを査定するための試験となります。いかに動機が明確かつ熟考されているのか、適切にアピールする必要があり、ロースクール入試の面接対策もあのどれません。また出願時の必要書類の一つ、志望理由書(パーソナルステートメント)は、評点化され考課に使用されます。ここでは法科大学院の面接対策講座でおススメの受験予備校(通信講座)を紹介!PS対策もピックアップ...

弁護士、検察官、裁判官になるためのルートとして法科大学院入試を検討している方は必見となっていますよ!ここでは適性試験対策講座を開講している口コミ人気の高い受験予備校を紹介!学校比較としてご覧下さいね!また、H30年においては適性試験は見送りとなりましたが、H31年以降については実施する可能性もありとしていますので、今後の試験動向を踏まえ検討しておく必要があります。次年度(平成30年度)の法科大学院...

法科大学院入試に向けて論文対策を検討している方は必見となっていますよ!小論文のテーマは、法律はもちろん、人文科学や時事問題まで幅広い分野から選ばれ、出題されたテーマを理解し、論ずるためには読解力とロジカルな文章表現力が必要としています。特に未修者は十分な小論文対策を行う必要があるとされています。ここでは難関、上位校の法科大学院合格実績のある資格予備校(通信講座)で、論文試験対策講座に注目!口コミ&...

法曹会を目指すため予備試験でなく、ロースクールを検討している方は必見となっていますよ!ここでは、独自調査、検証による難関法科大学院をランキング形式で紹介!また司法試験合格者数、合格率についてもまとめていますので、学校選びの参考としてご覧下さいね!難易度が高い法科大学院はココ!1位 慶應義塾大学私立の最高峰の大学の慶応は、たくさんの法律サークルが存在、そのなかには律法会と十八人会があり、いずれも1学...

弁護士、検察官、裁判官になるために必ず通るべき司法試験合格を果たすため、法科大学院それとも予備試験どちらを選択するべきか?迷われている方もいるのではないでしょうか。ここではそれぞれのメリット、デメリットを検証!合格率などまとめていますので、比較として参考にしてみてはいかがでしょうか。予備試験ルートVS法科大学院ルート法科大学院入試難易度:各大学院により異なる入学試験:適性試験、自己評価書、語学、小...

既に法科大学院入試を検討している方!特に難関、上位校、奨学金制度が受けられる特待生合格を狙う受験生は必見となっていますよ!ここでは受験対策として専門予備校のメリット、特徴を紹介!ロースクールの現状についてもまとめていますので、弁護士、検察官、裁判官の法曹会を目指す学生、既卒者の方は参考としてご覧下さいね!法科大学院入試について平成29年度入試では1.29~2.87倍、平均競争倍率は2.01倍201...

社会人の方で、弁護士や検察官、裁判官など法曹を目指したいと考えている方は必見となっていますよ!ここでは、夜間の法科大学院を紹介!口コミ&評判、体験談を交え特徴や魅力をまとめていますので、司法試験受験資格を得る一つのルートとして、参考、検討してみてはいかがでしょうか。特に仕事しながら、法曹会の夢を諦めていない方は、夜間、土曜日に授業を行っていますので、平日日中忙しい方も無理なく学習することができます...