法科大学院予備校、いつから入会するべき?

法科大学院予備校、いつから入会するべき?

法科大学院入試合格を目指すため、専門予備校で試験対策を検討している受験生のなかには、いつから入学、入会するべきか迷われている方もいるのではないでしょうか。また確実に合格するための学習開始時期も気になるところでもあります。

 

ここではロースクール志望校合格を見据えた勉強法や学習スタートの時期など口コミ&評判に注目!検証しまとめていますので今後の試験対策の参考としてご覧下さいね!

 

※こちらで掲載している情報、詳細は、今後変更、終了になることも考えられますので、公式サイト、パンフレット等で確認して下さいね!

 

未修者、既修者コースにより異なる準備

 

未修者コース(3年)

 

  • 小論文や面接で人物中心の選抜
  • 入試の8~10カ月程度前から適性試験、小論文対策がベスト
  • 合格後の法律科目の勉強が大事!入学するまでに基礎を習得しておく

 

既修者コース(2年)

 

  • 法律科目試験が課せられるため早めの学習スタートが必要
  • 知識ゼロなら入試の1年半~2年前から予備校で学習開始

 

未修者はまだ法律の知識がない人が基礎から知識を固めるコース、既習者はある程度法律の知識があり、法律科目のテストが入試で大切となります。そのため既修者コースを検討している方は、早目の試験対策が必要としています。

 

司法試験予備試験の対策として勉強するべし

 

平成30年度においては、適性試験が実施されないことが確定!法律科目に専念でき、受験戦略が立てやすくなった反面、試験では全体のレベルが上がりハイレベルな競争となることが予想されます。

 

法科大学院入試に問われる科目や試験時間は異なりますが、難易度の高い予備試験の勉強をすることで、難関法科大学院入試レベルの実力も身につけることが期待できます。問われる問題自体が難しい傾向が強く、予備試験とかなり似通った問題が出題されることがわかっています。

 

志望する大学の法科大学院対策も必須

 

  • 志望校を絞って法科大学院の過去問対策
  • 試験傾向に合わせて準備することで志望校合格力を身につける

 

入門講座、論文対策講座などで基礎学力を固めてから、志望校の法科大学院過去問対策に取りくむことは、スムーズに知識定着を図ることができるとしています。そこで早めに志望校を決定し、その大学院に向けて過去問を解くなど対策する必要があります。

 

法科大学院予備校へのベストな入学時期

 

受験生により1日に確保できる勉強時間、合格までの学習期間、目標となる試験年度など勉強スタイル、生活スタイルは異なります。そしてゆっくり勉強したい方、ある程度の時間をかけ学習したい方、法律の知識の基礎固めをしたい方、現在の学習状況など一人ひとりのニーズにより、ロースクール受験予備校への入学タイミングを決める必要があります。

 

そこで既に予備試験でなく法科大学院合格を狙うのであれば、まずは先程でも記載した通り、基礎固めからはじめ志望校対策といった段取りで学習を進めていくべきと考えられます。また予備試験、法科大学院のどちらか迷われている方においても同様で、入門、基礎からの学習スタートが必要です。

 

いずれも法科大学院入試に特化している予備校のコースを見る限り、最速1年の学習期間、2年、3年と長期コースで併用受験できる実力が身につけられるコースを用意!法曹会を目指すと決めたのであれば、受験予備校へ入会して早めの学習で確実な合格レベルの実力を図ることが期待できます。

 

そして自身の状況に合わせた最適な受験プランを選択することが、最終的に司法試験短期合格へと繋げることができます。